フェレットとげっ歯類他についてのご案内です

フェレットとげっ歯類他

フェレットの診療

フェレット十数年、フェレットの来院数が非常に多い病院で多くの症例を診て参りました。私自身犬や猫同様、非常に飼いやすく意思疎通が出来る動物と認識しております。犬猫同様にワクチン接種やフィラリアなどの寄生虫予防が必要となります。ワクチンは、ジステンパーのみの予防が可能ですが、国内にはフェレット専用ワクチンがありませんので、犬用ワクチンを代わりに接種します。

また、フィラリアが感染する例は稀ですが、少数寄生でも重症になる可能性がありますので併せて予防をお勧めします。

病気については、フェレット特有のものから犬や猫でも見られるものがあります。基本的な病気のアプローチは犬や猫と同様ですが、病気によっては解釈が異なるものもあります。犬や猫に比べ、発症後の病気の進行が速いと感じております。当院では犬猫同様に血液検査やレントゲンや超音波検査など検査を行うことが可能ですので、健康診断・病気の早期発見から診断を行う事が可能です。

治療については、今まで多種多様な治療方法を経験して参りましたのでオーナー様と相談の上決めていきたいと考えております。

フェレットの予防医療

げっ歯類の診療

近年、飼育されるげっ歯類も種類が増えてきました。つい数年前まで私自身ウサギやモルモット・ハムスターを飼育して参りました。中でもウサギの表情は1日中眺めていても飽きず、長年飼育していると以心伝心とまではいきませんがお互いの気持ちが通ずる錯覚さえ感じます。動物の中でも手がかからないと思いがちですが、実は非常に繊細でストレスを受けやすいのです。わずかな環境の変化を受ける事で体調が変化します。

また、げっ歯類特有の病気もありますので、時に他の動物とは異なる見方で診察する必要があります。げっ歯類は特に不調な時間が長ければ長いほど、元に戻るのに何倍もの時間がかかる為、異常を発見したら経過を見ずに早めに受診して頂くことをお勧めいたします。

当院ではウサギの去勢・不妊手術も行っております。モルモットやハムスターその他げっ歯類(チンチラ・デグー・リス)の診療も可能ですのでお気軽にご連絡下さい。

なお、来院される際、ウサギやモルモットは上が開くタイプのキャリー、ハムスター・チンチラ・デグー・リスは透明なケース(蓋付き)に入れた上に、入れ物を目隠しできるようにタオルや風呂敷などもご持参していただくと動物がより安心できます。

ウサギの予防医療