フェレットの予防医療、ワクチン、フィラリア、外部寄生虫、去勢、避妊手術についてのご案内です

フェレットの予防医療

ワクチン

混合ワクチン

フェレットが感染するウイルス疾患は何種類かありますが、その中でも予防可能なものがジステンパーウイルスです。このウイルスは、非常に致死率が高く発症した場合助かる確率は非常に低いものです。海外ではフェレットのジステンパーワクチンが流通していますが、国内では認められていない為犬用のワクチンを替わりに接種しています。以前はCANINE3(京都微研)というワクチンを接種していましたが製造中止の為、当院ではノビバックPUPPY DP(インターベット)を接種しています。
ジステンパーウイルスは、感染発症すると初期は風邪様症状で最終的には神経症状などが見られようになります。ワクチン接種は、毎年1回の接種が推奨されています。接種を希望される場合は、フェレットちゃんの一般状態(元気・食欲など)が良好であることが必要ですのでご注意下さい。また、ワクチン接種後もアレルギー反応(下痢・嘔吐・発熱・発赤など)が起こらないかよく観察が必要となります。

フィラリア予防

フェレットも犬や猫同様フィラリアに感染することが知られています。犬同様に心不全兆候が現れますが、血液検査による検出が困難な場合があります。したがって、検査をせず予防薬を処方します。予防期間は犬猫同様に5月から12月で、錠剤タイプ(フィラリア予防のみ)と滴下型タイプ(フィラリア予防とノミ予防他)を処方しています。

外部寄生虫

フェレットには稀ですがノミが寄生することがあります。お家の内外を行き来する他の動物に寄生して感染する場合や、外で散歩している際に寄生される場合があります。寄生されるとアレルギー性皮膚炎などの皮膚病を発症します。
また、ミミヒゼンダニ(通称:耳ダニ)の寄生が見つかる事もあります。これらの予防・駆虫は、フィラリア予防で使う滴下型タイプの外用薬で可能です。

去勢手術と避妊手術

ほとんどのフェレットは、既に去勢手術・避妊手術(共に肛門腺除去手術も)を受けています。ただ、ノーマルの個体も存在しており、特に雌は発情状態が持続すると女性ホルモンの影響で骨髄に影響が出るため、注射による発情回避か手術が必要になります。どちらの手術も、他の動物同様に全身麻酔で行う為術前検査(血液検査・レントゲン検査など)が必要になります。去勢手術は日帰り、避妊手術は1泊2日(状況により日帰り)となります。手術料金に関しては、検査の内容や有無によっても異なりますので、希望されるオーナー様は病院にお問い合わせ下さい。