犬と猫の診療についてのご案内です

犬と猫の診療

診察室

予防医療

医療の基本は予防から始まります。ワクチン接種・フィラリア予防・その他寄生虫(ノミ・マダニ・消化管内寄生虫)の駆虫が代表的なものです。

ワクチン接種により予防可能な病気は数多くあります。ワンちゃん(6種混合ワクチン・9種混合ワクチン)とネコちゃん(3種混合ワクチン)に年1回のワクチン接種を勧めしています。人のワクチン同様万全ではありませんが、免疫を高めることで感染が疑われる地域へのお出かけや、他の子や人間とのスキンシップも安心して出来ます。また、犬では法律で定められている狂犬病予防接種を年1回行わなければなりません。猫ちゃんもワクチン接種により、外出することでかかる病気を予防することが出来ます。

フィラリア症は、ひと昔前は死亡する事が多い病気の一つでしたが、近年予防薬の進化や飼い主様の意識向上により予防すれば感染により重症化する事がほぼ防げる病気になりました。地域によっては、年中予防しなければならない所もあります。関東圏内では5月〜11月(もしくは12月)まで月1回の投薬で駆虫可能です。毎年、春先に血液検査を行い、感染の有無を確認した上で駆虫薬の投与を始めます。

寄生虫は体外と体内に寄生するものに分けられ、感染すると軽症例から生命を脅かす重症例まで様々な症状がみられます。フィラリア同様に駆虫薬で予防する事が可能ですので併せて投薬をお勧めします。

また、早期に去勢・避妊手術をする事で、年を重ねてからなり易い病気を防ぐ事が可能になります。手術に関しては病院にお問い合わせください。

犬の予防医療
猫の予防医療
猫の去勢・不妊手術費用助成制度

病気

猫近年、動物医療は人医療にはまだまだ追いつきませんが、日々進歩しております。新しい病気・検査や治療方法の確立、新薬の製造が次々にされています。最も重要なのは、飼い主様による愛犬・愛猫の日々の観察です。「食欲がない」、「元気がない」、「吐いている」、「下痢している」、「どこか痛そう」、「毛づやが悪い」、「脱毛している」、「ふらつく」など、症状はこの他にも無数にあります。

また、症状がわかりにくい場合もあります。一つの症状をとっても、考えられる病気は数多くあります。本来ならば、このようなサインを見逃さないようにしなければいけませんが、動物の場合会話が出来ない為より確定診断が難しいのです。病気によっては、症状や検査数値の変化が表面に現れた時には7割〜8割の病状が進行している場合も少なくはありません。当院では、問診・視診・触診・聴診を重要と考えており、次に必要に応じて検査(機器による)を行います。検査結果に基づいて診断・治療を行います。些細な情報でも、診断や治療に結びつきますので、遠慮なくお話し下さい。

病気の治療も大切ですが、日々の健康維持や病気の早期発見も必要です。年に1回程度の健康診断(血液検査・レントゲン・超音波・便検査・尿検査など)をお勧めしております。