猫の予防医療、ワクチン、フィラリア、ノミ・他の寄生虫、去勢、避妊手術についてのご案内です

猫の予防医療

ワクチン

3種混合ワクチン

猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症(3株)・猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)が含まれています。室内飼いで他の猫ちゃんとの接触がない場合は基本3種混合ワクチンをお勧めしています。猫ちゃんが外出する場合は、飼い主さんの希望により猫白血病ワクチンや猫エイズワクチンの接種をします。この場合、事前の血液検査でウイルス感染の有無を調べた上での接種となります。ワクチン接種は、毎年1回の接種が推奨されています。接種を受けておくことで感染予防にもなり、感染したとしても軽症で済む場合もあります。接種を希望される場合は、猫ちゃんの一般状態(元気・食欲など)が良好であることが必要ですのでご注意下さい。また、ワクチン接種後もアレルギー反応(発熱・嘔吐・顔の腫れ・蕁麻疹など)が起こらないかよく観察が必要となります。

フィラリア予防

猫のフィラリア症は、成虫に発育するケースと発育しないケースで症状が異なります。呼吸器症状(発咳や肺炎など)や食欲不振や嘔吐、時に突然死を誘発する場合もあります。確定のための検査は難しく、犬のように抗原検査のみでは検出できない場合もあるため、各種検査を組み合わせて行います。予防方法は毎月1回外用薬の塗布を行い、予防期間は犬同様に5月から12月です。当院では滴下型タイプの予防薬を処方しています。

ノミ・他の寄生虫

外に出ない猫ちゃんにはノミが寄生しないと思いがちですが、人の出入りなどによっても侵入してきます。外と中を行き来する猫ちゃんがいる場合、感染する確率はより上昇します。ノミに感染するとアレルギー性皮膚炎を発症したり寄生虫感染の原因にもなります。また家の中で繁殖することで人間にも害を及ぼします。当院では、滴下型タイプの予防薬を処方しています。他の寄生虫に関しては、検便により検出した場合や体表に寄生している場合、早期の駆虫が必要となります。

去勢手術と避妊手術

手術の目的は、繁殖・攻撃性・性行動の抑制やホルモンの影響を受けて発症する病気を抑制する為に行います。去勢手術はマーキングや攻撃性などの抑制、避妊手術は子宮・卵巣の病気(子宮蓄膿症や腫瘍など)の抑制や乳腺腫瘍の発生率を低下させます。猫の乳腺腫瘍の80%は悪性の為、早期の手術により発生率を抑えることが出来ます。

手術は全身麻酔で行う為術前検査(血液検査・レントゲン検査など)が必要になります。
去勢手術は日帰り、避妊手術は1泊2日となります。手術料金に関しては、検査の内容や有無によっても異なりますので、希望されるオーナー様は病院にお問い合わせ下さい。猫の手術は大田区の助成制度がありますのでご利用下さい。